通所リハビリテーション(デイケア)

通所リハビリテーション
リーフレット(PDF)

通所リハビリテーション(デイケア)は、日中施設で過ごす「通い」のサービスです。対象者は病状が安定期であって主治医が計画的に実施されるリハビリテーションが必要と認めた、介護予防(要支援1~2)から要介護(要介護1~5)の方です。
日常動作における自立を助けるためのリハビリテーションや、レクリエーション等を通じた社会参加により、心身機能の維持・回復を図るとともに在宅生活の維持につながるサービスを提供しています。

利用対象者

介護予防(要支援1~2)から要介護(要介護1~5)と認定された方。日帰りのリハビリテーションサービスを行います。

サービス内容

機能回復訓練、食事、入浴サービス、栄養指導、介護指導など、送迎も行います。

利用者目的

日中、施設において能力に応じた自立した生活を営むことができるようリハビリテーションを行い、御家族様の介護負担を軽減し、在宅生活の継続を行います。

休業日

日曜日、正月、お盆

空き情報

曜日
空き
※空き有り:○ 空きなし:× 調整中:ー
※入浴種類、リハビリ希望内容によって受け入れできない曜日もあります。お気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

076-428-5582

担当/奥田(おくだ)まで

メールフォームでのお問い合わせはこちら

ご利用料金

 

介護保険基本

利用時間要介護1要介護2要介護3要介護4要介護5
1時間以上〜2時間未満316346373402430
2時間以上〜3時間未満330384437491544
3時間以上〜4時間未満426500573666759
4時間以上〜5時間未満480563645749853
5時間以上〜6時間未満537643746870991
6時間以上〜7時間未満626750
870
1,0141,155
7時間以上〜8時間未満6647939221,0751,225
(単位/日)
地域区分=7級地 1単位=10.17円 

「6時間以上8時間未満」通所リハに前後して、日常生活上の世話を行った場合の算定対象時間が8時間以上になった場合の加算

8〜9時間50単位/日
9〜10時間100単位/日

介護保険加算

1単位=10.17円
サービス提供体制強化加算(Ⅰ)イ18単位/日
入浴介助加算50単位/日
リハビリテーション提供体制加算3~4時間12単位/回
4~5時間16単位/回
5~6時間20単位/回
6~7時間24単位/回
7時間~28単位/回
リハビリマネジメント加算(Ⅰ)330単位/月
リハビリマネジメント加算(Ⅱ)・開始日から6ヶ月以内850単位/月
・開始日から6ヶ月超530単位/月
リハビリマネジメント加算(Ⅲ)・開始日から6ヶ月以内1,120単位/月
・開始日から6ヶ月超800単位/月
リハビリマネジメント加算(Ⅳ)・開始日から6ヶ月以内(3月に1回を限度)1,220単位/月
・開始日から6ヶ月超(3月に1回を限度)900単位/月
短期集中リハビリテーション実施加算
110単位/回
認知症短期集中リハビリテーション実施加算(Ⅰ)240単位/回
認知症短期集中リハビリテーション実施加算(Ⅱ)1,920単位/回
生活行為向上リハビリテーション実施加算・開始日から3ヶ月未満2,000単位/月
・開始日から3~6ヶ月以内1,000単位/月
若年性認知症利用者受入加算60単位/日
栄養改善加算150単位/回
栄養スクリーニング加算(6月に1回限度)5単位/回
口腔機能向上加算150単位/回
重症療養加算100単位/日
中重度者ケア体制加算20単位/日
送迎を行わない場合(片道につき)▲47単位/日
社会参加支援加算12単位/日
介護職員処遇改善加算(Ⅰ)(個人月総単位数×4.7%)/月
                平成30年4月1日現在

介護保険外負担

食費700単位/日
おやつ代(短時間の場合)100単位/日
日用品120単位/日
教養娯楽費100単位/日
行事費(各種行事参加費)実費
余暇活動材料費実費

お申し込み・お問い合わせについて

利用前に面接、自宅訪問、医師指示書(当苑規定、もしくはそれに準ずるもの)の提出が必要となります。担当ケアマネジャーさんに相談されるか、下記にお問い合わせください。

076-428-5582

担当/支援相談員 奥田(おくだ)まで
メールフォームでのお問い合わせはこちら