ロゴマーク「母」の人文字を職員数十名がみどり苑玄関先で描いる様子の写真

ごあいさつ

医療法人財団五省会
理事長 西能 淳

高齢者の医療福祉は、わたしたちの暮らしにおける最重要課題となっています。平成12年に創設された介護保険制度は、予想を超えたペースで進む高齢化に追い立てられ、年々制度の在り方やサービスの仕組みが見直されています。

介護老人保健施設、通称「老健」は「家庭と病院の中間施設」と定義され、身体のケアやリハビリテーションを通じて、高齢者の健康と自立を支えることを目的とした施設です。QOL=クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を重視し、単に「長生き」を喜びとするのではなく、可能な限りご自身の意志で暮らしを営み、老いと寄り添ってゆける社会の創出を、わたしたちの大きな目標とせねばなりません。

平成13年4月に開設した『介護老人保健施設 みどり苑』は、その名称を五省会の発展に尽くした西能正一郎(しょういちろう)、竑(ひろし)兄弟の母、みどり氏にちなんで名付けられ、「母」の字をかたどったロゴマークには、親を敬い慕う気持ちが込められています。

みどり苑では「明るく・たのしく・すこやかに」をスローガンに、利用者皆さまがご自身にとって望ましい暮らしをおくっていただくためのサポートをおこなっています。ご家族はもとより、地域住民、ボランティアの皆さまにもお気軽にご来苑いただき、当苑がすこやかな地域づくりの発信ベースとなるよう願います。

皆さまのご利用をお待ちしております。

ー いつでも明るく朗らかに ー

西嶌施設長近影

介護老人保健施設 みどり苑
施設長 西嶌 美知春

私は平成26年4月から介護老人保健施設「みどり苑」施設長兼「西能みなみ病院」病院長を務めている西嶌美知春です。どうぞ宜しくお願いいたします。

昭和23年生まれ、生まれも育ちも東京深川です。専門は「脳神経外科」です。富山医薬大開設と同時に、元富山医薬大学長 高久 晃先生、現富山大学長 遠藤俊郎先生と共に昭和55年に仙台(東北大学)から富山に移りました。その後19年間を富山で過ごしました。平成11年に青森県立中央病院に移り、副院長・脳神経センター長として過ごした後、子ども達の故郷である富山に戻りました。生来のオッチョコチョイで、人様にいつも助けていただき生きてきました。
私のモットーは、-いつでも明るく朗らかに-であります。

この10年間で、医療・介護のあり方が急速に変化しております。つい最近までは、多くの高齢者が終の棲家を病院とし、一人の医師に全てを委ね、その信頼関係や人間関係に基づいて様々な医療行為を受容するという「院内完結型医療」を基本としていました。
しかし、今では、利用者さんはさまざまな医療施設・介護施設の特徴を上手く利用しながら、病態病期にあった診療・介護を受けていく「地域完結型医療・介護」が望ましいシステムとして登場しました。つまり「各施設で高度なサービス」を「広域で受ける」システムの充実です。

みどり苑は、若くて明るい親切な職員が一杯です。私は職員達と一緒に、利用者さんへの介護、リハビリ、幸せのために全力を尽くします。

みどり苑では、『明るく楽しくすこやかに』を合い言葉として、これまで以上に安心と思いやりの施設づくりを目指します。入苑者ご本人、ご家族、地域諸施設との連携を密にして、介護のサービス向上に努めていきます。