すこやかな回復をめざして。

リハビリテーション科

当院リハビリテーション科は、西能病院からの伝統を受け継ぐ形で、病院開院時より診療を行っております。
広々とした訓練スペースには最新のリハビリ機器が設置され、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の各セラピストが、脳血管障害、運動器疾患に対する保存的治療および各種障害に対するリハビリを行っています。また、入院患者さんに対しては、言語聴覚士の指導を受けた看護師が摂食機能療法を行い、経口での食事摂取能力の向上を支援しています。

平成18年の診療報酬改定において、慢性期疾患に対する医療保険でのリハビリ提供期間に上限が設けられ、治療半ばにしてリハビリを打ち切られる患者さんが続出したことが社会問題となりました。そうした中にあって当院では、リハビリスタッフの充実を図り、病態の改善と在宅復帰を目標に、積極的にリハビリテーションに取り組んでいます。

リハビリテーションの様子その2