硬くなった筋肉を柔らかくし
日常生活動作やリハビリテーションを行いやすくする
ボツリヌス療法(ボトックス治療)

西能みなみ病院では、入院患者さんにボツリヌス療法を行っています(外来患者さんには行っていません)また、ボツリヌス療法のみを目的とした入院はできません。
主治医が「入院患者さんの診療のために有効」と判断した場合にのみ行う治療ですので、あらかじめご了承ください。

ボツリヌス療法は、つっぱったり、こわばっている筋肉に、直接お薬を注射して、筋肉のつっぱりやこわばりを和らげます。

ボツリヌス療法(ボトックス治療)とは

ボツリヌス菌(食中毒の原因菌)が作り出す天然のたんぱく質(ボツリヌストキシン)を有効成分として生成された薬がボトックスです。
このボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。そのため、ボツリヌストキシンを筋肉に注射すると、筋肉の緊張を和らげ、対象の手足が動かし易くなる、手足のつっぱりによる疼痛が緩和するなどの効果が期待できます。

西能病院・麻酔科外来でも、眼瞼痙攣(瞼が下がってきてしまう病気)、片側顔面痙攣(顔の筋肉が収縮する病気)などでこの治療を行っています。

西能病院ウェブサイト 麻酔科 ボツリヌストキシン療法ページは、こちら

ボツリヌス療法を受けることで次のような効果が期待できます

  • 日常生活がしやすくなります
  • リハビリテーションがしやすくなります
  • 関節が固まって動きにくくなったり、変形するのを防ぎます
  • 介護の負担が軽くなります
  • 日常生活が
    しやすくなります
  • リハビリテーションが
    しやすくなります
  • 関節が固まって動きにくくなったり、変形するのを防ぎます
  • 介護の負担が軽くなります

※効果の持続は3ヶ月から6ヶ月程度で、1回注射すればそれで終わりの治療法ではなく、年に数回繰り返し施注することが必要です。

ボツリヌス療法(ボトックス治療)の流れ

ボツリヌス療法の効果は、注射後2〜3日目から徐々にあらわれ、通常3〜4カ月間持続します。その後効果は徐々に消えてしまうので、治療を続ける場合には、年に数回注射を受けることになります。

ボツリヌス療法 治療スケジュール例

図 ボツリヌス療法 治療スケジュール例

<重要>ボトックス治療を受けるには、いくつかの注意点があります

下記の注意点をよくお読みの上、お問い合わせ・ご来院ください。

  1. 次のような方はボツリヌス療法を受ける前に、必ず医師に申し出てください。
    1. 現在ボツリヌス療法を受けているか、過去に受けたことがある方(過去にボツリヌス療法を受けたことがある場合は、疾患名、時期、投与量をお申し出てください)
    2. 全身性の筋力の脱力を起こす病気(重症筋無力症、ランバート・イートン症候群、筋委縮性側索硬化症など)がある方(ボツリヌス療法は、これらの病気を悪くすることがありますのでこのような方は治療を受けられません。)
    3. この薬を以前に使用し、発疹等のアレルギーを経験したことがある方や、アレルギー体質の方
    4. 喘息など慢性的な呼吸器の病気がある方
    5. 妊娠している方、妊娠している可能性のある方、授乳中の方
    6. 現在使用中の薬がある方(同時に使用できない薬があります。特にアミノグリコシド系抗生物質、パーキンソン病治療薬、筋弛緩薬、精神安定剤などの投与を受けている方は、ボトックスと同時使用すると効果が強く現れることがあるので十分な観察のもとで投与を行う必要があります。)
  2. ボツリヌス療法は、硬くなった筋肉を柔らかくし日常生活動作やリハビリテーションを行いやすくすることが期待できるもので、注射しただけで動かなかった手足が動かせるにようになるわけではありません。
    効果には個人差があり、具体的かつ現実的な目標を決めて装具療法や適切なリハビリテーションと併用することが望ましいです。
    効果の持続は3ヶ月から6ヶ月程度で、1回注射すればそれで終わりの治療法ではなく、年に数回繰り返し施注することが必要です。
  3. ボツリヌス療法は上下肢痙縮(手足の筋肉が硬くなっている状態)に保険適応がありますが、注射薬が非常に高価なため、身体障害者手帳による医療費の自己負担分の全額または一部助成が受けられない方は、医療費が高額になる場合があります。