看護部だより

看護部理念

安全で安心できる看護・介護を実践します。

看護部目標

1常に医療安全・感染対策に留意し、患者様の安全を第一に考え快適な療養生活を提供します。

2院内外の研修会へ積極的に参加し、職場の学習意欲を高めつつ自己啓発に努めます。

3看護・介護の協働が効率的な看護に結びつき、病院経営に関心を持ち経営に参加します。

看護部の概要

病棟部門・外来部門(整形外科・リハビリテーション科・内科で日曜日を除く午前のみの診療)で構成されます。
病棟2単位の3単位の組織にて、看護部内の会議や委員会制度を設けて看護業務の円滑な推進と看護の向上に努めています。
2交代制・早出・遅出の勤務体制をとり、受け持ち体制にて、記録はフォーカスチャーティングを用い看護と介護の協働で行っています。
また、看護学生・職場体験の受け入れも行い、学生指導も行っています。

会議・委員会

運営会議

病院の方針・議決機関として、協議事項の報告と承認などを行います。

感染対策委員会

感染防止に関する事項全般において、取組みを行っています。

医療安全・拘束委員会

医療・看護事故防止の発生を未然に防止するための活動を行っています。ヒヤリハット報告。

褥瘡・栄養委員会

ハイリスク・有病率を出し、褥瘡・栄養状態を評価し対策をとっています。

看護部会

看護部方針の伝達や議決機関とし、看護部運営に関する報告と承認。

看護教育委員会

看護職員の必要な学習・教育のプログラム作成実施及び研修活動。

業務改善委員会

看護業務を安全に効率的に行うための業務の見直しと標準化。

看護記録委員会

看護記録の浸透を図り、様式の見直しや記録の検討を行っています。

介護士会

介護士間の業務の統一化と行事計画と実施の検討。

職員教育・研修

院外研修

看護協会・医師会研修・全国学会・療養病床学会

院内研修

・月一回 院内研修会実施(医療安全・感染対策・伝達講習など)
・年一回 三施設合同研究発表会

自主研修

看護部行事

介護士を中心としたやすらぎ事業を実施(年3回)

日本舞踊・マジック・バトントワリング・歌などを取り入れ、
患者さんと家族との楽しい時間を設けています。

季節の行事

お花見(4月)・スポーツレクレーション(9月)・クリスマス会(12月)・豆まき(2月)・ひな祭り会(3月)

誕生会

毎月誕生会を開き、患者さんに手作りカードを送りお祝いしています。