すこやかな回復をめざして

西能クリニック

スーパートラック(ST-2CL)

座ったままのリラックスした姿勢で頚椎と腰椎の牽引治療ができます。

スーパーテクトロン(HX606)

スーパーテクトロンは高周波電流を使用し、皮膚刺激が少なく、より深部まで通電できます。痛みの治療と筋肉トレーニングが同時にでき、筋肉の収縮による気持ちの良いマッサージ効果や筋力アップ効果で頚椎捻挫、五十肩、腰痛、膝痛、 坐骨神経痛、関節可動域改善等に大変効果があります。

レッグプレス(WT-L01)

下肢筋全般の筋肉を強化し、立ち上がる、座る、しゃがむ、歩く等の動作、日常生活に必要な筋力を強化します。足を固定しシートが可動する構造により、実際の動作により近い運動が行えます。

レッグエクステンション(WT-L02)

高齢者には膝関節の可動域が狭くなっている場合が多く見られます。運動することにより、大腿四頭筋、特に内側広筋を強化し、変形性膝関節症の予防の予防や軽減、また可動域拡大により歩幅が広がり膝が安定し、階段の昇り降りもスムーズになります。

ローイング(WT-L03)

広背筋、菱形筋を強化して、高齢者特有の円背(猫背)を予防・改善します。

アブダクション(WT-L04)

腰周りの筋肉が弱くなると、体の安定性が悪くなります。運動することにより、骨盤の安定性を高め、歩行や片足立ち時のふらつきを解消し転倒を予防します

西能病院/西能クリニック

ニューステップ(TRS-4000)

低負荷から高負荷まで自在に設定でき、有酸素トレーニング、筋力トレーニングが極めて安全・効果的に行える、全身運動機器です。

ACトレッドミル(T650MS)

一般対象者だけでなく、リハビリテーション対象者にも適応。リスクを軽減させ運動する事が出来ます。

プレート式下肢加重計(GP-6000)

プレート式下肢加重検査とは、プレート式足圧計測装置(左右別型重心動揺計)により下肢荷重を計測し、足踏み動作時における左右別の足圧中心(COP)移動分析などを行う検査です。左右下肢別の荷重量と重心動揺を捉え、記録・分析して下肢支持能力およびバランスを検査する機器です。重心動揺検査の検出台2台を組み合わせて、左右下肢別に評価できる特徴を持ち、重心動揺検査を応用した新たな検査方法です。